震災後のライフラインの確保と暑さ・寒さ対策について

 

キミは、地震や津波なのどの災害が通り過ぎた後のライフラインの確保については

ちゃんと想定の中に入れているだろうか?

 

こういった自然災害は、起きている最中が一番辛いかもしれないが、

その後の傷跡も結構デカいため、前知識なしでそのまま迎えると後々面倒な事が多い。

 

どういう事かというと、

  • 普段出ていた水が出なくなる
  • 普段使えてた火が灯せない
  • トイレが使えない

 

というような問題に苛まれてしまうのだ。これは地味にツラい・・・

そこで今回は、「災害が終わった後のライフライン確保」について綴っていこうと思う。

 

トイレを確保しよう

出典:災害用トイレガイド

災害等で断水になると、推薦トイレは流せなくなってしまう。

過去の大規模な断水で、多くの人が直面してしまったのは「トイレ」の問題だ。

 

大災害では、仮設トイレなどが不足気味になり、使用のルールが徹底されないと、

そこらへんにたれ流す人が出てきて、決して衛生的とは言えないような環境に陥ってしまう。

 

もし、自宅でトイレ対策ができるのであれば、長蛇の列に並ぶ必要が無く、

プライベートがしっかり保たれる分、快適になる。

 

簡易トイレ

簡易トイレ

ビニール袋があれば、簡易トイレを作る事ができる。

便器内側にコンビニなどで貰うビニール袋を広げ、そこに新聞紙を敷き、

その中に排泄した後、さらに新聞紙をかぶせて袋をきっちり閉じておこう。

この時、消臭剤を使うとニオイが軽減される。

 

また、便器の代わりにお菓子の箱や靴箱などを利用するのも手だ。

この方法だと小さめのビニール袋で対応できるからだ。

使い終わった後については、市区町村の指定の日に捨てよう。

 

トイレの使い方について

 

推薦トイレは作られた年代などによって個体差があるものの、

一般的な水洗トイレでは大便を1回流すのに10L以上の水が使われている。

そのため、断水時にはとても必要量の水を用意する事は出来なくなる。

ただ、以下の要領で工夫を施すと、通常よりも少ない水で流せるハズだ。

 

  1. 小便時は水をながさないこと
  2. トイレットペーパーは便器に流さず、袋に捨てること
  3. 手桶などで水を流すこと

 

給水車からもらうのは、すべて飲める水だ。

せっかく苦労して運んでもらった水をトイレに流してしまうのはもったいないので、

洗い物に使った水やコメのとぎ汁、洗顔の水などをためておいて、トイレに有効利用しよう。

 

自治体の中には、下水道のマンホールを外し、下水と直結させられる簡易式のトイレを用意

しているところもある。テントや板などを利用すれば、同様のトイレを自作する事も可能だ。

その場合には、交通の邪魔にならないかを考慮し、近隣との相談も必要になってくる。

火と水などの「ライフライン」を確保しよう。

ライフライン

出典:シニアガイド

大災害では、電気・水道・ガスなどの供給システムが破壊されてしまい、

いわゆる「ライフライン」が途絶える可能性が大幅に高くなってしまう。

 

阪神・淡路大震災の例を見てみると、地震発生の翌日に電機の約80%が復旧したのに対し、

水道とガスの復旧は早いところでも1週間程度かかってしまった。

 

災害の規模にもよるが、水道と都市ガスは全面復旧までにかなりの時間がかかるので、

長期戦を覚悟して対策を練っておいたほうがいい。

 

阪神・淡路大震災のライフライン全面復旧までの経緯

 

電気系統 水道 都市ガス
約7日間 約90日間 約84日間

参考:神戸新聞NEXT

水はどこで手に入れるのか?

 

断水の非常時には、水は浄水場や給水所、応急水槽などの給水拠点などでもらえる。

応急給水槽とは、公園などの地下に設置されているタンクの事だ。

 

東京都の場合、どこからでもおおむね2km以内の距離に給水拠点が点在するようになっている。

さらに、給水ポイントがカバーしていない地域や避難所などには、タンク車が水を運んでくれる

場合もある。

 

いつどこで給水を受けられるかは、水道局や市区町村に問い合わせる事で確認を取る事ができる。

 

水の運搬方法について

出典:マンション・ラボ

国や自治体は災害時にも水が広く行き渡るように、給水拠点の整備を進めているが、

毎日水を貰いに行き、持ち帰るのはとても大変だ。

水を入れる容器は、

  • ポリタンク
  • バケツ
  • やかん

など、口が大きくてフタができるものが使い勝手がよく、とくにポリタンクは

持ち運びにも便利です。

 

一般的に、災害時の給水量は「1人1日3ℓ」とされているが、

過去の災害ではできる限りの推量を配ったところも少なくない。

 

とはいえ、手で持ち歩ける量は限られているので、近隣と台車を使いまわすなど、

協力しあって効率的に水を運んでいこう。

台車ほどではないものの、ベビーカーも輸送の労力を軽減してくれる。

 

水を入れる容器がきれいならそのまま飲める事も出来るが、煮沸してから飲む方が安全だ。

せっかく苦労して運んだ水なので、洗い物で使った水やとぎ汁などもすべてバケツなどに

とっておいて、トイレなどにも活用していこう。

ガスや電気が無い場合の調理について

出典:日経アーキテクチュア「震災後、採用されなくなった設備」

電気もまだ復旧しない段階では、卓上カセットコンロやアウトドア用コンロが湯沸かしや調理

に重宝する。とくに冬には、暖房としての意味もあり、火を囲むことでホッとする。

 

また、ガスボンベは災害時でも比較的入手しやすいといわれているので、上手く活用していこう。

電気が復旧すれば、電気ポットや電気調理器、炊飯ジャーなどが使えるようになる。

 

これらの機器は消費電力が高いモノが多いので、電源を分散させたり、時間をずらすなど、

ブレーカーが上がったり、ショートしないように気を付けてください。

 

暑さ・寒さを防ぐために行う事

 

電気やガスが止まった状態では、冷暖房器具が使えないので、季節によって寒さや暑さに

悩まされます。凍えたり、暑苦しくて眠れないと、じわじわと体力と気力が奪われ、

ストレスが蓄積していく。

 

体調を崩すと復旧作業にも影響をきたすので、寒さと暑さ対策は万全に整えておこう。

被害状況によってどのような対策を取るべきかが変わってくるため、臨機応変に対応していこう。

以下にそのアイデアをのせていく。

 

寒さ対策

1 隙間風を無くす。

詰めたい風邪は体温を奪っていく。割れた窓はいたや段ボールなどで防ぎ、閉まらなくなった窓

やドアも布などを使って冷たい風が吹き込まないように工夫しよう。

 

2 床に段ボールを敷く。

床からの底冷えには断熱作用のあるダンボールが有効だ。

布団も段ボールの上に敷くとより暖かくなる。

 

3 厚着をする。

しっかりと着込むようにしよう。十分な衣服がない場合は、新聞紙をシャツと下着の間に

巻くだけでも、保温効果がある。ただし、賑済寺には余震が発生する恐れもあるので、

就寝時でもすぐに外に出られるような動きやすい恰好にしておこう。

 

4 体を締め付けない

体を締め付けてしまうと、結構が悪くなり、冷えに拍車がかかってしまう。

厚着をする場合には、体が窮屈にならないように気を付けよう。

 

5 首や手足の保温を抜かりなくしよう

厚手の靴下や手袋を着用するなど、手足から熱が逃げないようにしていこう。

首にはタオルを巻くと背筋の寒さも緩和される。

 

6 室内にテントを張る

テントを持っているのであれば、部屋の中にテントを張ってしまい、その中で

寝泊りをするのも一つの手だ。

 

寒さ対策

1 日射を遮断しよう。

昼間に窓から差し込む日光によって室内の温度があがらないように、

カーテンやヨシズ、すだれなどで遮光していこう。

 

2 夜間に通風しよう。

夜は窓を開け放って、夜から明け方にかけての涼しい空気を取り込んでいこう。

 

3 「蚊」対策を施そう。

窓を開け放つには、同時に虫対策も必要になってくる。蚊取り線香を利用するほか、

蚊がよりつく原因となる汗をこまめに拭き取るのも効果的です。

 

4 床にスノコを敷く

スノコや運搬用のパレットを敷いた上に廃材などで床を作ると、通常の床より通気や

除湿作用が高まるため暑さが和らいでいく。

5 おしぼりで首筋を冷やす。

首筋を詰めたいおしぼりで冷やす事で体温を効果的に下げ、スーッと気分を爽やかにしてくれる。

 

6 寝る前にコップ一杯分の水を飲む。

睡眠中に汗をかいて体温調節できるように、水分を摂ってから寝ておこう。

 

 

 

 




↓対処法をシェアして仲間を救う↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です