砂漠で水を確保するにはどうすればいい? 乾燥地帯で水を得る方法

 

万が一砂漠で水を確保するにはどうすればよいのだろうか?

そもそも、アメリカやアフリカ、エジプトなどにある砂漠地帯で、

水を確保できるのだろうか?

 

実は、ジャングルや寒冷地などの環境と比べて、手に入れるのは難しいものの、

見つけたり、作り出すことは可能だ。

今回は、「砂漠」という環境に焦点を置いて水を確保する方法を綴っていきたいと思う。

 

 

1 砂丘から水を得よう。

砂丘の一番低い地点を掘ってみよう。

雨水がしみ込んで砂が湿っているところが出てくるハズだ。

さらにそこを掘っていくと、穴の中から真水が出てくるのでそれを確保しよう。

また他にも、

  • 谷間や窪地
  • 干上がった川床の蛇行した土手の地下
  • 崖や露岩の下部
  • 干上がった湖に一番近い砂丘の最寄りの窪み
  • 砂の表面が湿っている場所
  • 植物が青々と茂っている場所

 

などにも水が手に入るチャンスがある。

 

2 昼と夜の温暖差を利用して水を得よう。

 

砂漠のある地域は、周りが陸地続きで海から遠いことが多い。

周りが海で囲まれている島国などであれば、海が日中の温かさを保っているので、

夜が冷え込むことはあまりなく、通年安定した気温ではあるが、

砂漠は周りに海が無い分、昼と夜の温暖さが激しい。

 

そのかわり、この温度差を利用して水を得ることができる、

昼と夜の激しい温暖さを利用して、

  • ベルトのバックル
  • 腕時計
  • バックやリュックの金具

など、身に付けている金属の表面に結露を生じさせることができる。

それを布で吸い取ることで、少量ではあるが、水分を確保することができる。

 

 

3 サボテンから水を得よう。

砂漠に生えているサボテンからも水を確保する事ができる。

まず、タマサボテンという種類のサボテンを見つけよう。

見つけたら、トゲが刺さらない様に注意しながら、

良く切れるナイフか鉈を使って上半分を切り取ろう。

 

上半分を切り抜くことが出来たら、中の組織を塗りつぶしてパルプ状にしよう。

そうすれば水気が組織の外に出てくるためだ。

 

次は、草の茎の部分を使ってストローにしたり、

手ですくい取れば水分が手に入る。

もしくは、果肉の一部分を口に含んで汁を吸ったら吐き出そう。

 

 

 

4 砂漠に生きる生き物からヒントを得よう。

草食動物は毎日、日の出と日没の2回は水を飲む必要があるため、

その時間になると一斉に水場へ行き来する。

 

したがって、動物の足跡をたどっていけば、水源にたどり着くことができる。

また、水場の上には鳥が群れを成して飛んでくることがある。

 

なので、鳥のさえずりも水場が近くにある事を示しているサインだ。

ただ、コンドルなどの大型の猛禽類はかなりの遠距離から飛んでくることもあるので、

あまり当てにしてはいけない。あくまでも目安程度にとどめておこう。

 

 




↓対処法をシェアして仲間を救う↓

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です