素手で殴られそうになった時の回避方法

素手で殴られそうになった時の回避方法

もし、得体の知れないに連中に因縁をふっかけられたら、キミはどうする?

できるのであればシカトするか逃げた方がいい。

 

ただ、もし逃げ道を防がれたらどうすればいいだろうか?

もし殴らそうになったら、どうやって避けるべきなのだろうか?

 

今回は、「素手で襲ってくる相手」に焦点を絞って対処法を綴っていきたいと思う。

殴ってきたときの対処

逆上した人間の多くは、まずこの「殴る」という行動に出る。

何故なら、拳を強く握って相手に真っ直ぐ突き出す「殴る」という動作が、

相手にダメージを与えるのに一番手っ取り早いからだ。

 

そして、「顔面」めがけて思い切り狙ってくる。

なぜなら、顔面には「目・鼻・耳・頭脳」の重要な部分が詰まっている。

 

人間のカラダの中で比較的脆弱で、生命活動に重要な部分が頭部に集中しているため、

気に入らない相手を叩き伏せるには「頭部」が一番都合がいいからだ。

 

攻撃を受ける側は、まず、

「顔面だけは殴られないようにする」という事を意識して相手に立ち向かおう。

 

顔面を完璧にヒットさせる為には、ある程度の至近距離に近づかないといけない。

もし、相手がジリジリ近寄ってきたら、十分な距離を保つようなクセを付けよう。

喧嘩慣れしている人間は、必ず、相手との間合いを意識した戦いをしている。

 

 

1 たいていの人間は、まず利き腕の拳で顔面などを狙ってくる。

この時も常に「相手との距離」を意識していよう。

 

2 左手で拳を作って、相手の内側から拳を受け払おう。

この時、相手が右手なら左手で、左手なら右手で受け流そう。

 

 

 




↓対処法をシェアして仲間を救う↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です