サバイバルの必需品「ナイフ」は「頑丈さ」で選ぼう ナイフの種類・素材について

 

キミは「ナイフ」の種類や素材について考えたことがあるだろうか?

サバイバルでの必需品といっても過言ではないくらい使い勝手のいい刃物ではある「ナイフ」

切る・割る・掘る・削ぐ・開ける・・・使い方を上げていくとキリがないくらい豊富な用途が存在する。

 

今回は、そんな「ナイフ」について書いていきたいと思う。

 

ナイフ選びで一番参考にするべき要素「頑丈さ」について

「サバイバル状況で使用するナイフ」を選ぶのであれば、

「頑丈でタフであること」を優先していこう。

 

細かい作業だけではなく、刃を叩きつける様にして枝を切ったり、

バトニングという、刃の背を枝で叩いたりするなどのハードな使い方がある。

 

そのため、「多少荒く使ってもちゃんと機能するタフさが重要で、

刃がすぐ欠けてしまったり、壊れたりしないナイフがオススメだ。

 

もちろん、折りたためるフォールディングナイフや、

マルチツールは、持ち運びに便利ではあるものの、

 

それのみでサバイバルするのは少し心もとない。

 

ナイフの種類と用途について

 

簡単にナイフの種類と用途について説明していく。

ナイフにもいろんなタイプがあるが、

 

上でも書いたようにサバイバルに最適なのは頑丈なナイフ、

つまり、刃とハンドル(取っ手)が一体になっている「シースナイフ」がオススメだ。

 

フォールディングナイフやマルチツールも、サブとして持っておくといいだろう。

 

シースナイフ

手で握るハンドルの部分と刃の部分が固定されて一体化しているタイプのナイフだ。

プラスチックや革で作られるシース(鞘)に収納して持ち運ぶ。

フォールディングナイフ

刃が可動式で、ハンドルの中に折りたためるようになっている。安全の為に

刃を出した時はロックされる構造になっているものがオススメだ。

 

マルチツール

ナイフだけでなく、ドライバーややすり、缶切りなど、いろいろな道具がひとつに

なっている便利なタイプ。一つ持っておくと安心だ。

素材

素材については、大きく二つに分けられている。

 

炭素鋼(カーボンスチール)

鉄と少量の炭素で作られた合金の素材だ。

カーボンスチールともいわれている。

 

刃物の素材として古くから用いられている素材で、高度が高い上に粘りがあって

欠けにくく、切れ味が鋭いという長所がある。

その分錆びに弱く、メンテナンスを定期的に行わなければならない。

 

炭素鋼(カーボンスチール)を使った鋼材

 

青紙

和式ナイフに使われる硬度の非常に高い鋼材。

耐食性にやや劣り、固いために刃こぼれが起きやすい。

 

白紙

ナタ、小野などに使われる国産炭素鋼(カーボンスチール)青紙に比べて硬度はやや落ちるものの、

耐食性、靭性が高く刃こぼれしにくい。

 

玉鋼

素晴らしい硬度をもち、日本刀にも使われる鋼材。耐食性に乏しいためすぐ錆びてしまう。

こまめな手入れを必要とする。

 

 

ステンレス

鉄と炭素にモリブデン、タングステンなどを加えた合金の素材だ。

ある程度の硬度と粘りがあり、錆びにも強いことから刃物の素材として

今現在最も使われている素材だ。

 

ステンレスを使った鋼材

 

440C

もともとはベアリング用として使われていた。

硬度が特に高いというワケではないが、対蝕性・靭性が高く、

現在のナイフに最も多く使われている。

 

ATS34

硬度・耐摩耗性・靭性ともに高く、ナイフ用鋼材として全体のバランスが非常に高い。

カスタムナイフメーカーの多くがこの鋼材を使っている。

 

銀紙

日立金属が開発した刃物用ステンレス鋼材。硬度はやや落ちるがバランスはいい。

表示は「GIN」もしくは「G」で表記される。

 

V金

武生特殊鋼材が開発。靭性が高く、加工性、鋳造性にも優れている。

仕上がった刃物は硬く耐摩耗性も高い。切れ味と刃持ちの良さが特徴。

 

ZDP-189

日立金属が開発した合金。ステンレス鋼材でありながら炭素鋼(カーボンスチール)と同レベルの

超硬度が最大の特徴。刃持ちはとてもいいが、砥石で研ぐのが大変。

 

H-1

スパイダルコが開発した「決して錆びない」がウリの鋼材。マリンナイフに最適で、

鋼材自体の硬度は低いものの、特殊処理で刃の硬度を上げている。

 

カウリX

ZDP-189と同様にステンレス鋼でありながら炭素鋼(カーボンスチール)と同様の硬度を持ち、

刃持ちはATS-34の10倍以上と言われている鋼材。

 

ハイス鋼

ドリル等金属切削工具に使われ、高い硬度と耐摩耗性が特徴。

セミステンレス鋼に分類され、通常のステンレス鋼に比べると錆びやすい。

 

ステンレス・・・錆びにくく、手入れが簡単。

炭素鋼(カーボンスチール)・・切れ味が鋭く、研ぎ上がりがわかりやすい。

 

サイズ

 

刃渡り数センチで、折りたたんでポケットに入るようなものから、

ナタの様に数十センチあるものまで、サイズはいろいろだ。

 

基本的には作業できる細かさや強度にサイズが比例しているので、

目的に合わせて選んでみよう。

また、サイズ別に数種類揃えておくのも便利だ。

 

グラインド

 

「グラインド」とは、ブレード(刃の部分)の断面形状の事を指す言葉だ。

 

フラットグラインド

刃の断面が「V字型」で、真っ直ぐに仕上げてあるものだ。

最も一般的な形状で、研ぎやすいのが特徴だ。

 

ホローグラインド

刃の断面を内側にえぐったような形状のもの。

切れ味がいい代わりに上記の「フラットグラインド」に比べると多少強度が下がる。

 

コンベックスグラインド

両側が膨らんだ形状から「ハマグリ刃」とも言われている。

アックスで良く用いられている形状で、強度が強い。

 

刃先の形状

 

クリップポイント

刃の背の途中から先にかけて湾曲した形状。

刺したり細かい作業をしたりするのに最適だ。強度はやや低い。

獲物に対してトドメを刺す時や血抜きをする時に使いやすい。

 

ドロップポイント

切ることだけでなく獲物の皮を剥ぐ事も考えられた形状で、刃の背から

先にかけて緩やかに下がっていく。

 

ユーティリティポイント

いろいろな用途を想定した形状の事で、刃の背から先まで緩やかにカーブしているのが特徴だ。

汎用性が高く、最初の一本に最適だ。

 

 

ストレートポイント

ブレードの背のラインがほとんど直線に伸びたタイプ。

ポケットナイフなどに多く見られ、果物の皮をむいたり、

封筒を開封したりなど、ちょっとした用途によく使われている。

 

スキナー

ハンティングの皮剥ぎを目的として考えられたナイフだ。

獲物の皮を切るために逆手にして使った時、身や内臓をできるだけ傷付けないようにデザインされている。

 

ケーバー

もともとはハンティングのトロフィー(獲物の頭のはく製)に細工をするために考えられたナイフ。

細かい作業も難なくこなせ、汎用ナイフとしても優秀だ。

 

フィレ

魚をさばくために考えられた、補足長く先端部分の尖ったナイフ。

ブレード(刃)の材質は柔らかくしなって、魚の身を少しでも多く削ぎ取る事を目的としている。

ダガー

暗殺用に考えられた槍の刃先状の武器。切るためではなく突き刺すための諸刃がついている。

刃体の長さが5.5cm以上のものは携帯だけでなく所持も禁止されている。

 

刃の素材や形状も様々で、ココで解説しているのはそのうちの一部分でしかないぐらい、

ナイフの世界は奥が深くて面白い。

是非自分でも調べて見てほしい。

 

どんな刃物を持っていくかは、最終的には好みでしかないが

サバイバルで扱う素材というと、ほとんどが「森や林に生えている木」だが、

基本的にブレードが大きいナイフほど扱える木材のボリュームも大きくなる。

 

小さなナイフなら細かい枝がメインになるが、

「斧」や「ナタ」のような大型刃物があれば、丸太のようなものも扱えるようになる。

北欧などでサバイバルキャンプを嗜む

「ブッシュクラフター」は、腰にサバイバルアックスをぶら下げている事が多い。

 

というのも、雪が積もっていると枝が拾えないため、

シェルター作りの為に針葉樹を伐り倒す必要があるためだ。

そのような場合だと、ナイフ一本だとかなり厳しい。

 

一方、気候が温暖で、それほど大胆な作業をしないのであれば、

ナイフ一本でも十分生きて行ける。

 

最後に

 

もちろん大きくて丈夫で汎用性に富んだものを持てるだけ用意したほうがいいに決まっているが、

キミが本当にサバイバル状況を生き抜いていけるほどの、

「逞しくてタフな人間」になりたいと思うのであれば、ナイフ1本のほうがいいかもしれない。

 

どういうことかと言うと、ナイフ1本でなにもかもをこなせる様になった方が、応用力が付くためだ。

いかに持っている道具が少ない状況でもやりくりできるほどの「サバイバル能力」があれば、

ナイフ一本しかなくとも、自分の技術と知識でカバーできる。

 

そうなれるように、休日にキャンプに出掛けた際、

あえて1本だけナイフを持って森に繰り出すのもいい。

 

 




↓対処法をシェアして仲間を救う↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です