公共交通機関利用時に地震にあった時の一連の対処

 

キミは、公共交通機関を利用している際に災害が発生したらどうやって対処する?

 

普段みんなが使っている電車やバスなどの公共交通機関は、

一定の災害を想定した運営を行っている。

 

そのため、万が一災害が発生しても、慌てず、焦らず落ち着いて、

係員の指示に従って動いていこう。

 

もし、運悪く周りに係員がいなかったら自分で避難するようにしよう。

その為の避難要領をまとめていくので是非参考にしてほしい。

公共交通機関シチュエーション別対処要領

 

電車(駅・地下鉄)の場合

駅やホームにいたら

 

駅構内やプラットホームで強い揺れを感じたら、まずバッグなどで頭部を保護しながら、

出来るだけ開けたオープンスペースへ移動しよう。

 

 

電車がくる可能性があるので、線路に落ちたら、

すぐにホーム下の避難場所へ逃げ込もう。

 

電車に乗っていたら

 

震度3程度の地震は、家でゆっくりくつろいでいるのであれば、

大半の人が気が付くが、電車に乗って揺られている状態だと、

ほとんどの乗客が気づかない。

 

JR、私鉄ともに震度4の地震で25kmの徐行運転、

震度5で緊急停止するようになっている。

 

電車の以上を感じたら、脱線や急ブレーキに備えて、座席や吊り革、

手すりにつかまって、できるだけ体勢を低くしよう。

特に網棚からの落下物に要注意しておこう。

 

停車して揺れが収まっても、すぐに外にはでないようにしよう。

 

地下鉄にいた場合

交通機関の中でも地下鉄は、一番安全な乗り物とされている。

なぜなら、地震の際の揺れが地上よりもはるかに小さく、

 

構内は、耐震構造で、出口は60m間隔に配置され、

震度4以上の地震が発生したら自動で緊急停止する機能も備わっている。

 

また、

  • 照明
  • ドアの開閉
  • 車内アナウンス
  • 各車両との無線連絡

は非常用電源に切り替わる。

 

そのため、地震が発生して緊急停車した際は、

むやみに外に出ると、感電する危険性があるので、

 

すぐに脱出しようとせずに、乗務員の指示に従って降車し、

線路上の安全地帯を歩いて避難しよう。

 

駅構内、車内ともに利用者によるパニックが一番怖い。

 

船に乗っていた場合

外洋を航行している船は、地震によって転覆する可能性は非常に低い。

 

問題は観光船や海岸近くを航行している船だ。

地震が発生すると、船が下から突き上げられたような衝撃を受ける。

これは、地震の振動が海水を伝わる「海振」という現象で、

 

その時の揺れによって船外へと投げ出される危険性があるので、

地震発生のアナウンスが流れたら船内や中央部に避難しよう。

 

バスに乗っていた場合

線路を走っている電車と違い、道路を走るバスの場合、

震度5以上の揺れが来ると、道路は波うち、運転手もハンドルをとられてしまう。

 

揺れが来たら座席につかまり、頭を低く隠し、立っている人は

手すりやつり革にしがみついて、急ブレーキやスリップに備えよう。

 

一番前の左の席一番後ろの中央部の座席は、前に投げ出される

可能性が非常に高いので要注意だ。

 

停車した際にも必ず後続車が走ってくるので、無暗に車外に出ないようにしよう。

後はドライバーの指示に従って行動するようにしよう。

非常口近くの人は、非常口を開けて、他の乗客の避難に協力しよう。

 

 

 

 

 

 




↓対処法をシェアして仲間を救う↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です